生き辛い生き方で生きていく

 

僕がたまに言われる言葉であり、自分でも自分によく問いかける言葉に

「もっと楽に生きればいいのに」

 

「そんな生き方してて辛くないの?」

 

「生きてて楽しいの?」

などがあります。

 

この質問に対しての僕なりの答えを書きます。

 

現時点での答えなので、来週には変わってると思いますが

それでもいいと思います。

正解のない問いかけに対する答えは、変わり続けることも大切だと思います。

 

僕の思う答え

 

長くなるのでコンパクトにまとめると

答え 好き好んで生き辛く生きている訳じゃなくて

生き辛い生き方しか出来ないんだと思う。

答えを補足していきます。

 

基本的に家族から愛されていて、自分も家族を愛しているという環境で育たないと

生きることへの罪の意識 戻れない過去への憧れ

現在の自分とは違う自分への憧れ

自己肯定感の低さ&自己憐憫

とかが普通の家庭で育った人より極端になるんじゃないかと思います。

 

それが人生を自分で生き辛くしている主な原因じゃないかと思うのが僕の答えです。

ただ、これは第三者から見て分かるものであって

自分では気づかない考え方だと思います。

日本で育った人がアメリカの常識で発想出来ないように

自分の中にない発想で人生を生きていくことは出来ないと思います。

これが生き辛そうに生きていると言われてしまう原因

 

どう対処すればいいのか

 

生き辛い生き方を変えるにはどうすればいいのか

①考え方を変える

 

それまでの自分の人生の大部分を否定して

考え方を矯正していく

自分の家族に問題があったなら

初めから家族は居なかったものとして考える癖をつける

架空の人物を自分の家族として置き換えることも出来る

嫌な記憶を思い出さないようにすることも有効だと思います。

人間の記憶ってかなり曖昧なものなので、自分が本気でそうだと思ったら

偽の記憶でも簡単に置き換わっていくものです。

 

②世間の幸せを疑う

 

僕はこっちですけど

そもそも世間一般の人から見て生き辛そうっていうのは

考え方が卑屈、恋人作らない、結婚しないとかが大半だと思います。

 

でも、それがどないしてんって思うこと

考え方が卑屈でも、恋人作らなくて結婚して子供いなくても

それで誰かに迷惑をかけるわけではありません。

 

卑屈すぎて誰かを攻撃するとかなら問題ですけど

誰かに迷惑をかけている訳じゃないのに

何故か罪の意識を感じてしまって自分を責めてしまうというのは

あるあるなんじゃないかと思います。

 

最近読んだ本に、ラッセルの幸福論という本がありまして

その中の罪の意識という章が、わりと答えになっていたのでオススメです。

 

要約すると

人は本当は悪くないことであっても

世間や家庭で与えられた価値観によって

罪の意識を感じ、劣等感を抱いてしまう

特に小さい頃に受けた影響は大きい という内容です。

 

例えばきょうだい児で、小さい頃にきょうだいに障害があることが嫌だと思って

親にそれを言ったらメチャクチャ怒られた などが当てはまります。

 

こんな経験がある人だと、きょうだいの障害について否定的に考えること自体に

罪の意識を感じて、自分への劣等感に繋がっていくという内容です。

 

世間の幸せ、誰かから与えられた価値観で生きていくことは簡単です。

自分で何も考えず、それに当てはめて生きていけばいいんですから

友達沢山作って、恋人作って、結婚して子供がいて、金持ちになる様子をインスタにでもあげれば

誰もが幸せだと言ってくれるはずです。

 

僕は上に書いたような人達を否定しているわけではなくて

考えた答えが世間一般と同じだったら

上記のようになれるよう、努力すればいいと思います。

 

でも、僕はそうじゃなくて

自分は何をしている時が幸せなんだろう?

自分は何をして生きていきたいんだろう?

 

こういうことを常に問いかけ続けて

その答えが世間一般と違っても、素直にその幸せを追求していくことが

死ぬときに後悔しない生き方なんじゃないかと思います。

 

だから、世間のいう幸せが本当に自分にとっての幸せかどうかを疑い続けながら

生き辛い生き方でも、なんとか生きていきこうと思います。

2 COMMENTS

ペコ

感動しました。
さすが、わかたんさんですね!
恋愛したり、結婚して、子どもを持って、だけが幸せではない。一つの生き方だけを人に押しつけてはならない。
自分がどう生きたいかが大事なのだと教えていただきました。
ラッセルの幸福論も勉強になりました。
子どもを持てない自分に、
長い間、罪悪感、劣等感を抱いていたのですが。
その理由がよく分かりました。
教えてくださり、ありがとうございます(^∇^)
「自分は何をしている時が幸せなんだろう?」
「自分は何をして生きていきたいんだろう」
わたしも探っていきたいと思います。

返信する
わかたん

ペコさん、コメントありがとうございます。
人生は自分がどう生きたいのかが一番大事なんだと思います。
でも、幼少期のトラウマや常識にどうしても縛られてしまい
無意識のうちに罪悪感、劣等感から離れられなくなり
自分は本当は望んでいないのに
家族や社会が期待しているような行動をとろうとして
精神的にも肉体的にも無理が来てしまうのかなと思います。

返信する

わかたん へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA